NEW!出 陣

高知で青年憲法カフェ(6月18日) 市民と野党のかつてない共同の力で暴走ストップ、アベ政治に審判下す―。天下分け目のたたかいが始まりました。広い広い中国四国で共産党と野党の勝利を訴え全力を尽くします。読者のみなさん、どうかよろしくお願いいたします。

18日、笠井亮・衆議院議員を迎えて高知大演説会。民進の広田一参議院議員、社民の久保耕次郎代表、新社会の小田米八委員長も参加され大西聡必勝の連帯あいさつ。

広田さんは「自民党県連幹事長だった父に共産党の演説会に参加するといったら、『時代は変わったな』、『野党が結集して安倍の暴走を抑えないといけない』といってくれた」、私「そのお父さんと96年総選挙で対決したのが私です」。本当に時代は変わりました。

翌日、徳島では「大西そうががり県民大集会」。野党、市民連合勢ぞろい。シールズの若者が「民主主義ってなんだ、これだ」、「選挙に行こう、 政治を変えよう」、「野党は共闘、SO GOOD」とコール。1200人が一体に。

香川では全国唯一の共産党公認の野党統一候補・田辺健一さんが幅広い支持を集めて猛奮闘、新境地を切り開いています。

愛媛では元衆議院議員の永江孝子さんが「ふたたび平和のために」と立ち上がり、野党と市民のウエーブが起こっています。すべて勝ちましょう。

一番苦手な選挙活動は政見放送。シーンとしたスタジオでカメラだけが回っている。その緊張感に、もともと怖い顔がさらにこわばり、足もがくがく。何度やっても慣れません。なんとか乗り越えた苦手科目の放送回数はテレビ8回、ラジオ4回で自民党を抜いてトップ。9人の一次候補が個性あふれる訴え、党の値打ちが豊かに広がります。

季節は夏ですが、あらためて「春名とともに政治に春を」。9県に爽やかな風を吹かせ走り抜きます。

高知民報 2016年6月26日付より

岸さん逝く

黒石岡山統一候補と

舛添要一東京都知事の政治資金の公私混同、私的流用への批判が爆発しています。街頭演説で「パンツくらい自分で買え、としゃべりなさい」とアドバイスも受けました。自分で辞めないのなら不信任を突きつけるしかありません。天まで持ち上げて都知事選に擁立した自民・公明の責任も免れません。

都知事は自分の財布を持ち出さず、世の大金持ちは資産を移転し税金逃れ。政治資金も移転する資産もない私たち庶民はしまかに(「つつましい」といった意味の土佐弁)税金を払う、これほどの不公正はありません。

「アベノミクスのエンジンを吹かせる」と安倍首相。ちょっと待ってほしい。欠陥アベ車のエンジンをこれ以上吹かせたら、車はもとより家計も経済も火の車になってしまいます。いま必要なことは暮らし応援のエンジンに取り換えること。消費税増税は先送りではなくきっぱり中止、公約破りのTPPストップ、原発依存から再生エネルギーへ、軍事費削って子育て、教育へ。「経済にもデモクラシーを」と呼びかける街頭の反応は、憲法問題以上に熱いものがあります。

岸寧夫高知地区委員長が急逝されました。享年59歳、早すぎる死でした。大学の尊敬する先輩であり、真理と革命に労苦を惜しまない実践家でした。お見舞いに伺った時「なんとか投票日まで生きて結果を見たい」とおっしゃっていました。さぞ無念だったことでしょう。岸さんの遺志を受け継いで必ず勝利し墓前に報告いたします。どうか天上から見守っていてください。

参議院比例候補になって1年3カ月、広い広い中国四国9県を駆け巡ってきました。どこでも生活の悲鳴、平和の願い、政治を変えたい思いがあふれていました。私には、どうしても国会に届けねばならない切実な声があります。国会にこの願いを届ける架け橋になりたい。この決意を胸に、投票日まで走り抜きます。

〈高知民報 2016年6月19日付より〉

東へ西へ

大西さん、三ヶ尻さんとSo Good

毎日ワクワクドキドキ、未知との遭遇のような選挙戦をたたかっています。

4日、山口県の共産党の活動者会議に民進党県代表が参加、「まさか共産党の内部集会であいさつするとは思ってもいなかった。纐纈さん勝利へ共に力を」に割れんばかりの拍手。

香川県では野党統一候補・田辺健一さんの事務所開きに自治労県本部、野党、市民グループが参加、江田五月さんからメッセージ。民進党と交わした確認書には「資本主義の枠内での民主的改革」、「安保廃棄、自衛隊解消は野党共闘に持ち込まない」、「天皇制を含めた現行憲法の全条項を守る」、「一党独裁を否定」など党綱領の肝が明記されました。綱領が誤解や偏見をなくす生命力を持っている。実に感慨深い。

大西聡さんを励ます高知市の決起集会(4日)に1000人。枝野幸男・民進幹事長、吉田忠智・社民代表(ビデオ)、栗原君子・新社会顧問、小池晃・共産書記局長。かつてない共同集会となりました。

香美市の演説会(5月31日)では「ママの会」、米軍機の低空飛行を告発してたたかう物部の西熊希民子さんが心のこもったあいさつ。私は「日本共産党を除く、蚊帳の外という時代もありましたが今は昔。暴走政治を倒す真ん中に市民とともに立っています」、「そうさん、はるさんコンビで働かせてください」。初参加の息子の妻のお父さん。「堅苦しいかと思うちょったけど、明るくて楽しい会だった」と言ってくださり、ホッ。

31日には高知市内で塚地佐智、米田稔、吉良富彦県議、下元博司、細木良、岡田泰司、秦愛高知市議と街角演説会。数年ぶりに上町2丁目の早朝宣伝も。高知の皆さんの温かさを実感します。

1年が一日で動くような劇的情勢。やりがいと責任感は半端ありません。今日も東へ西へ、北へ南へ。

〈高知民報 2016年6月12日付より〉

再延期

下本高知市議と街宣

消費税10%増税再延期に一言。消費税増税は個人消費に打撃を与え、日本経済を奈落の底に落とすと、私たちは何度も警告してきました。それを無視して増税を強行し、「予想以上に落ち込み、予想以上長引いている」と首相自ら認めざるを得なくなりました。

ところが失敗は認めず、失政を覆い隠すために利用したのがサミット。世界経済の失速に責任を押しつける厚顔無恥、無責任、無定見の極み。二度の延期が増税路線の破たんを示しています。先送りでなく、中止を決断することが責任を果たす唯一の道。反省のない人、責任感のない人は退陣以外にありません。

次期衆院選四国ブロック比例候補が白川容子香川県議に決まりました。白川さんは98年参院選で「行くぞ、香川からも国会へ」と大健闘、2000年総選挙で私とともに四国ブロック候補としてたたかい、香川県議を4期務めてきた試され済みの候補者。四国の国会議席を取り戻す並々ならぬ構えの表れです。山ガールでもある白川さん。ぜひ祝勝登山をやりたいものです。

5月25日、三菱自動車本社へ。04年のリコール隠しの際、若手社員が反省を込めて作った企業理念を発見。「大切なお客様と社会のために走る歓びと確かな安心を、こだわりをもって提供し続けます」。理念通りに再生することを願いながら、下請け、労働者を守れと強く要請。

28日、山口の総がかり集会で統一候補の纐纈さん「叶わぬ夢もみんなが同じ夢を見れば現実になる。自民党政治の終焉の始まりをこの山口から」と高らかに。3野党代表もがっちり握手。時代はまちがいなく動いています。

27日、高知市福井地域でつどい、久しぶりにお会いする方もどっさり。「必ず高知から国会議員を」と元気元気。鏡ケ丘団地の街角演説会にも20人超。みなさんの熱い思い、激しい旅が続く私に元気をいただきました。

〈高知民報 2016年6月5日付より〉

熱い夏

東かがわ市民のつどい

またしても沖縄で元海兵隊員による地元女性の暴行殺人遺棄という凶悪犯罪が発生しました。憤りを感じます。「綱紀粛正」「再発防止」と何度約束しても、殺人訓練を繰り返す米軍基地がある限り、悲劇はなくなりません。「日本を守る」どころか日本人の命を奪い続ける米軍基地はもういらない。再発防止の唯一の解決策は基地撤去、新基地ストップしかありません。

民進党が候補を取り下げた香川県。全国で唯一共産党公認の田辺健一さんが野党ただ一人の候補になりました。21、22日の丸亀、高松の演説会は熱気に包まれました。全国から激励も集中しているそう。「『事実上の野党統一候補』から一人区で風穴を開けるための気持ちのこもった『野党統一候補』になれるよう頑張ります」と田辺さん。気持ちの良い野党共同こそ勝利のカギです。日本の夜明けを香川から。

22日、徳島の演説会も熱気一杯。市民連合、民進、社民、新社会の代表が連帯あいさつ。立場の違いを超え大義のために力を合わせる。歴史は着実に動いています。「そうさん、はるさんコンビで働かせてください」と私も決意のごあいさつ。

広島の志位演説会で出会った青年から電話。「どうして戦争法なのか?」、「自民党はアメリカにものがいえないの?」、「安倍さんに意見する議員はいないの?」と矢継ぎ早。30分に渡る電話綱領学習会に。

徳島演説会に参加した30代男性は「私も政治を変えるために行動したい」と入党。鳥取の岡田正和比例候補、香川の田辺さんは34歳。ネット番組「やりゆうかぇ~」第4弾は高知の青年の生き生きした運動を紹介。若者が輝き主人公となる選挙をご一緒に。

山口県周南市議選は1から2議席へ前進、沖縄県議選も間近か。参院選公示は6月22日が濃厚。熱い暑い夏の始まりです。

〈高知民報 2016年5月29日付より〉