センソウセラレン

CIMG5746

「戦争だけはいかん」と涙ぐむお年寄りの願いも、「犠牲になるのは自分たち」と手をつなぐ青年の怒りも、「わが子を戦場には送れない」と勇気を出すママたちの不安も、この内閣は蹴散らしました。

「国民の理解はすすんでいない」と答弁した矢先の強行採決。平和を壊すだけではあきたらず、国民主権という憲法原理すら乱暴に壊す安倍政権。戦争法案が強行採決された場面を忘れることはないでしょう。  

独裁政権とて国民の支持がなければ弱く脆いこともまた事実で、不支持率が過半数を超え、強行採決を期に街の反応もぐんと熱く。

18日は「アベ政治を許さない」大行動。全国津々浦々で行動する主権者の姿。前を走る車のバックガラスにポスターが張り付けてあるSNS投稿も。香南市夜須でも「アベ ヤベ」「センソウ セラレン」のユニークなコールが街にこだましました。

安倍政権の崩壊が始まった日、それが党創立記念日・採決強行の15日。ゆるぎない共同で参議院で廃案へ。

「沖縄と連帯する高知のつどい」(18日)には300人の参加。島洋子琉球新報報道局長と渡久地修・共産党沖縄県議団幹事長が、沖縄の熱い風を高知に運んでくれました。オール沖縄は揺るがない、言論の自由は決して壊させません。  

14日は広島県三次市。JA全中前副会長・JA三次会長の村上光雄さんを訪ねました。「全中つぶしはTPPの司令塔つぶし」「農政の失敗を農協の責任にすり替える非常識」、「多国籍企業だけ栄える社会は持ちません」とズバリ。初対面とは思えないこの親近感は何だろう。

四国の民青のリーダー研修会で3時間半にわたって綱領講義。若い息吹がおじさんの私に生気を吹き込んでくれました。  

台風通過とともに各地で梅雨明け。今度は政治の梅雨明けへ、暑い熱い夏を迎えます。  

〈高知民報 2015年7月26日付より〉

※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。

“センソウセラレン” への1件のコメント

  1. 昨日は大阪市住之江区浜口の関西電力の集会に言ってきました。原発廃炉の集会です。沢山のサラリーマン(関電の)ガ帰っていきます。18時から1時間の集会ですが、無表情です。小池副委員長の質問、議員の質問まるで他人事の答え、安部、あっそう副総理高知県選出の元総理大臣、、菅官房長官、中谷防衛大臣(高知の最高学府を出た、土佐高高校を卒業をして、防衛大学卒の人かと思います。戦争法「安保条約」に反対する。保育所の若い先生、若いお兄さん、お父さん、お母さん、130回くらいやっておりますが、増えております。若い人が、、、昨日は50人くらいでしたが、安部さん、いい加減に答えていたら、偉い目に逢うぜえよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA