島根・益田で「党躍進で命・平和守ろう」

e0255020_21113963

春名なおあきさんは6月10日、島根県益田市での女性の集いで、戦争法案の危険性や違憲性を、党の国会論戦を交えて紹介。

JR益田駅にエレベーター設置を求める声があがっており、参加者から「高齢の観光客が階段にびっくりしていた」「母は股関節が悪くバスにも乗らないという」との意見が出されました。

春名さんは「利用者と住民がJRにどう要求するかがカギ。切実さを持ち住民運動にするのが大事です」と応じました。

街頭では安達みつ子市議と6カ所で宣伝。安達さんは「中学校卒業までの医療費無料化に取り組む」と市議選にのぞむ決意、春名さんは「市議選を戦争する国づくりを許さない平和の選挙」と訴えました。

※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です