山陰路

reCIMG47345月26~29日まで初めての山陰路。鳥取市のつどいには自衛隊関係者が参加してくださった。「甥が自衛隊員。みんな不安があるが口に出すと処罰される。甥は止めるのは共産党しかないと隊内で支持を広げ『俺の周りはみんな共産党に入れた』と教えてくれました」。幼少時代に機銃掃射の中を逃げた体験を持つ男性は「自衛隊は必要。しかし外で戦争するのはお門違い。絶対に許せん」と語気を荒げました。

島根の飯南町赤木という過疎の地で住民団体が野中広務氏を招いた講演会を開きました。想定外の200人もの参加に「戦後70年は何だったのかと夜も眠れない」と野中氏が熱弁。出雲のつどいに参加した20代の医療現場で働く女性は「二度と従軍看護婦を許してはいけません。平和のために」との呼びかけに快く入党してくれました。

時代は間違いなく戦争か平和かの岐路。一人ひとりが自分の生き方を真剣に考え、行動しています。平和のために生きようという選択は、私に勇気を与えてくれます。  

尾村利成・大国陽介両県議の案内で島根原発を視察。驚いたのは松江市街地からわずか9キロしか離れていないこと。半径30キロ圏内にくらす方々は46万人。宍道断層が伸び、ひずみ集中帯の存在も発見されました。

松江での金曜日行動は136回目とか。粘り強いたたかいは、きっと原発ゼロの日本を切り開く礎となるでしょう。6月7日は伊方再稼動ストップの松山大集会、誘い合って参加しましょう。  

高知県の防災訓練へオスプレイ参加を断念させました。間違いなく県民世論の力ですが「事故原因の究明なくして参加はありえない」との県の姿勢も立派です。

愛犬ココちゃんに忘れられそうな旅生活ですが、帰ってくるとペロペロ攻撃。「まだ忘れられてない」とほっと安心する私です。

〈高知民報 2015年6月7日付より〉

※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です