「自民に任せられない」―仁比さん高知で呼びかけ

党高知県女性後援会の集いで講演

参院選挙で日本共産党の躍進を勝ち取ろうと、「春にもえたつ女性のつどい」が14日、高知市で開催されました。

日本共産党高知県-女性後援会が主催したもので、会場いっぱいの180人が参加し、ピアノ演奏や寸劇なども楽しみながら選挙勝利への決意を固め合いました。

講演した仁比そうへい前参議院議員は、TPPに参加表明した安倍首相や自民党を「衆院選挙の公約を破るもので、『守るべきものは守る。公約違反でない』と強弁する舌先三寸の自民党の政治家に日本の農業や医療、主権をまかせることはできない」と批判。「参院選挙でTPP参加撤退を掲げてたたかう日本共産党に大きな支援を寄せてください」と呼びかけました。

日曜市で街頭演説

同日、仁比さんは高知市の日曜市で街頭からも訴えました。

買い物客や通行中の人、出店の方から「がんばれよ」との声援をうけました。

※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA