白川さん 徳島を駆ける

20507686_635662956641072_3285652015312351624_o
20525731_1441620345914181_1236067891425200097_n

白川よう子さんは、8月4日5日と徳島県の石井町、神山町、佐那河内村、美馬市、三好市を駆け、街頭演説「つどい」懇談を行いました。

街頭では車内から次々に手が振られ、つどいでは「共産党に頑張ってもらわんと困る」と激励が寄せられました。

白川さんは、内閣改造について「疑惑隠しの顔ぶれだ」と指摘。安倍首相の国政の私物化、暴走政治に問題があるとして、解散・総選挙で国民の信を問うべきだと訴えました。

さらに、医療、介護の切り捨てや貧困と格差を拡大させた安倍政権を批判し、「人の命を粗末にする政治を変えたい。一人ひとりの国民が潤う新しい政治をつくろう」と呼びかけました。

徳島市での265回目の金曜行動にも参加しリレートークで「再稼働だけでなく、核のゴミまで押しつけようとしている政府は許せない。原発をなくすたたかいを大きくしよう」と呼びかけました。
20597005_1441437109265838_275640545253516611_n

※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です