東へ西へ

大西さん、三ヶ尻さんとSo Good

毎日ワクワクドキドキ、未知との遭遇のような選挙戦をたたかっています。

4日、山口県の共産党の活動者会議に民進党県代表が参加、「まさか共産党の内部集会であいさつするとは思ってもいなかった。纐纈さん勝利へ共に力を」に割れんばかりの拍手。

香川県では野党統一候補・田辺健一さんの事務所開きに自治労県本部、野党、市民グループが参加、江田五月さんからメッセージ。民進党と交わした確認書には「資本主義の枠内での民主的改革」、「安保廃棄、自衛隊解消は野党共闘に持ち込まない」、「天皇制を含めた現行憲法の全条項を守る」、「一党独裁を否定」など党綱領の肝が明記されました。綱領が誤解や偏見をなくす生命力を持っている。実に感慨深い。

大西聡さんを励ます高知市の決起集会(4日)に1000人。枝野幸男・民進幹事長、吉田忠智・社民代表(ビデオ)、栗原君子・新社会顧問、小池晃・共産書記局長。かつてない共同集会となりました。

香美市の演説会(5月31日)では「ママの会」、米軍機の低空飛行を告発してたたかう物部の西熊希民子さんが心のこもったあいさつ。私は「日本共産党を除く、蚊帳の外という時代もありましたが今は昔。暴走政治を倒す真ん中に市民とともに立っています」、「そうさん、はるさんコンビで働かせてください」。初参加の息子の妻のお父さん。「堅苦しいかと思うちょったけど、明るくて楽しい会だった」と言ってくださり、ホッ。

31日には高知市内で塚地佐智、米田稔、吉良富彦県議、下元博司、細木良、岡田泰司、秦愛高知市議と街角演説会。数年ぶりに上町2丁目の早朝宣伝も。高知の皆さんの温かさを実感します。

1年が一日で動くような劇的情勢。やりがいと責任感は半端ありません。今日も東へ西へ、北へ南へ。

〈高知民報 2016年6月12日付より〉

※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です