上岡さん逝く

CIMG8896

中四国9県7選挙区の候補者が勢ぞろいしました。しんがりは愛媛=小路貴之さん。徳島・高知=三ヶ尻亮子さん、香川=田辺健一さん、岡山=植本完治さん、広島=高見篤巳さん、山口=松田一志さん、鳥取・島根=遠藤秀和さん。

論戦力、行動力を兼ね備えた実力の持ち主ばかり。比例の私と合わせた八人衆が中四国の隅々で戦争法廃止、国民連合政府樹立の大波を起こします。

4日、島根県飯南町の「中山間地域研究支援センター」を大平喜信衆議院議員とともに視察。「中山間」も「過疎」も中国地方から生まれた言葉だそう。

一定規模(公民館単位)で生活が自己完結できる地域をつくる先進事例の実践を聞き、「市町村消滅」などの論評がいかに有害で乱暴かと感じました。どっこい地方は生き残る、地域には知恵と力と財産があると強く確信できる話しでした。

いの町の二つのつどいに山岡勉、山崎きよ町議と参加。「日本の一番の問題は、若者に仕事がなく希望が持てないことじゃないかえ」との質問。その通りです。若者に希望がなくして日本が反映するはずがありません。政治の一大仕事と肝に銘じました。

11月30日、山口県の上関原発建設予定地を視察。道すがら反対派、賛成派の看板、団結小屋などが目につきます。原発計画が町民にどれだけの対立と分断をもたらしてきたのか。美しい海と海岸線、漁村の風景を見て、33年に亘りり建設を阻止してきた原動力は「この宝物を汚してはならない」という思いにあると実感できました。

高知県党と党中央で活躍されてきた上岡辰夫さん、高校の先輩で元愛媛労連議長などを歴任した田福千秋さんが相次いで急逝。大きな心の支えを失った喪失感は計り知れません。心からご冥福をお祈りいたします。どうか、天上から新しい政府をつくる大事業を見守ってください。

〈高知民報 2015年12月13日より〉

※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です