“消費税 負担も限界”共産党が全国宣伝―笹岡さん愛媛で

消費税を増税しなくても社会保障の充実はできると訴える笹岡さん日本共産党愛媛県委員会は17日、松山市や宇和島市で消費税増税反対の署名・宣伝活動を行ないました。

松山市駅前には宮内智矢市議などが参加し、市民66人が反対の署名をよせました。

笹岡優四国ブロック事務所長も参加し、「消費税増税ではなく、無駄遣いを改めて、応能負担の税制に変えて社会保障を充実させよう」と訴えました。

署名して子ども2人連れの男性(34)は、「子どもの養育のためにお金がかかる。これ以上の負担は無理」といいます。56歳の女性は「増税は庶民の生活に直接かかわってくる」と述べました。

「将来のためには増税に賛成」という女性も、「増税で年金が増える保障はない」との説明に、「考えてみる」と答えました。

※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です